主にプロ野球中日ドラゴンズに関するまとめです。 相互依頼、その他ご連絡はyamato19453248@outlook.comまで。

    カテゴリ: 高橋周平

    1: それでも動く名無し 2022/07/17(日) 05:44:08.69 ID:egiul1RP0
    楽しそう


    https://news.yahoo.co.jp/articles/009a110ec99c9527066e48378e7de0b0860f86a5
    高橋周のバッティンググラブを使用して殊勲打を放った三ツ俣は、高橋周との会話内容について
    「あんなケガみたいな形で交代したので『ふざけるな!』って言いました」。
    その際「(高橋周は)ゲラゲラ笑っていたけど、痛そうで顔が引きつっていた。苦笑いですね」と明かす。

    しかし、立浪監督によれば、軽症と思われた高橋周は想像以上に重症だったことが判明。
    病院で検査したところ脇腹に炎症があり、17日にも抹消する予定だ。

    <p style="color:gray;text-align:right;">引用元: <a href="https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1658004248/" target="_blank">・中日三ツ俣「周平に『負傷交代?ふざけんな』って言ったらゲラゲラ笑って『脇腹痛い痛い』って言ってた </a></p> 【中日ドラゴンズ三ツ俣「周平に『負傷交代?ふざけんな』って言ったらゲラゲラ笑って『脇腹痛い痛い』って言ってた【戦う顔をしていない?】】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/03/13(日) 23:21:02.29 ID:cj5NhA1G0
    立浪和義新監督から20本塁打を期待されている。東海大甲府高時代ではスラッガーとして鳴らしたが、プロ入り後は安打を稼ぐタイプに変わっていた。
    「長打を狙えと言われるが、そう簡単に打てるもんじゃない。自分のスイングをする中で(長打が)増えていけばいい。強く振る中で打球が上がってくれれば…」。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d9a450850c2a4e3834d7db55cd0720b7f29e3699

    <p style="color:gray;text-align:right;">引用元: <a href="https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1647181262/" target="_blank">・【中日】高橋周平「長打を狙えと言われるが、そう簡単には打てない」 </a></p> 【【中日】高橋周平「長打を狙えと言われるが、そう簡単には打てない」【事実陳列定期】】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2022/03/12(土) 10:32:53.05 ID:+1hnJ2P90
    なんでこの前まで高校大学で遊んでたやつがプロ野球チームで10年指導された周平より打てると思ってんだ

    <p style="color:gray;text-align:right;">引用元: <a href="https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1647048773/" target="_blank">・中日が10年かけて育てた周平「HR5本です」中日ファン「鵜飼石川は20本は打てる」←頭おかしいんか? </a></p> 【中日ドラゴンズが10年かけて育てた周平「HR5本です」中日ファン「鵜飼石川は20本は打てる」←頭おかしいんか?】の続きを読む

    1: 爆笑ゴリラ ★ 2022/01/16(日) 05:36:35.18 ID:CAP_USER9
    1/16(日) 5:15配信
    東スポWeb

    自主トレを公開した中日・高橋周(東スポWeb)

     中日の高橋周平内野手(27)が15日、大阪・貝塚市の日本生命グラウンドでの自主トレを公開。主宰する大島洋平外野手(36)や根尾昂内野手(21)らとともに地獄のトレーニングメニューに励み「まずは1年間戦える体づくり、レベルアップするには、いろんなウエートとかがあるので、体を意識してやっている。何となく打撃の方も形が見えてきたところもある」と手応えを語る。

     11年目の今季に向けて「優勝できることが一番。まずはAクラス、優勝争いに加わられるように、自分がチームのために少しでもできることをやっていきたい」と目標を定めており、個人としては「20本塁打くらい打たないといけない」と宣言する。

     昨オフも20発を目標に掲げていたが、昨季はわずか5本塁打と頓挫。結局、39打点、打率2割5分9厘と不本意な成績に終わり「(シーズン途中に)自分の中で断念してしまったところがあった。今年はそういうわけにはいかないので、最後まで決めたことをしっかりやりたい」と強い覚悟を見せる。

     そのためにバットを変更。「今までのバットが軽すぎた」として昨季33・5インチ、870グラムから34インチ、910グラム程にし、長くて重くする。シーズン中の筋トレも継続するつもりで「大島さんは1年中やっている。僕らは年がら年中はやっていなかったが、今年は打撃の練習の一部だと思って継続しないといけない」と考え方も変えた。

     師匠の大島の存在も大きい。「打撃について一言二言のアドバイスをもらった。昨年は『こうだったから絶対に打てない』とか、タイミングの話をしてもらった」と金言を授かった。自主トレ中も「僕は結構、ワーワー言ってやっているけど、大島さんはスクワットをやっていても潰れた姿を見たことがない。あそこまでしっかり追い込めるのは、僕も見習わないといけない」と最敬礼する。

     高橋周は「バットも変えたし、意識も変えたし、トレーニングで打撃を補う練習も取り入れて野球の動きにつなげていけるようにする」。あとはさらに春季キャンプで追い込み、シーズンで結果を残すだけだ。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f91f932e62599f8461967361cfb1cf7559231608

    【【野球】中日・高橋周平がホームラン20発宣言 道具も意識も改革「今までのバットが軽すぎた」【シュウヘイ…】】の続きを読む

    このページのトップヘ